金森博雄(読み)かなもり ひろお

  • 金森博雄 かなもり-ひろお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1936- 昭和後期-平成時代の地震学者。
昭和11年10月17日生まれ。エコノミスト金森久雄の弟。昭和45年東大地震研究所教授となる。47年カリフォルニア工大の教授にまねかれ,平成2年同大地震研究所長。地震の規模の新尺度「モーメント・マグニチュード」(Mw)を提唱。巨大地震の研究などで知られ,広域地震警報網の充実に力をそそぐ。16年「地震発生機構の物理的解明についての研究」で学士院賞。18年文化功労者。19年京都賞。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android