コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金毘羅船船 コンピラフネフネ

デジタル大辞泉の解説

こんぴらふねふね【金毘羅船船】

香川県の民謡。仲多度郡琴平町を中心に歌われた座敷歌。もと金刀比羅宮(ことひらぐう)参詣の際の道中歌とも、また元禄(1688~1704)ころに金毘羅船の発着港大坂で歌いだされたともいわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんぴらふねふね【金毘羅船船】

香川県の民謡で、お座敷唄。琴平町の花柳界で、芸者衆が金毘羅参詣客を相手に唄ってきたもの。元は拳遊びの唄という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金毘羅船船の関連情報