コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追(い)手 オイテ

デジタル大辞泉の解説

おい‐て〔おひ‐〕【追(い)手】

逃げる敵や罪人などを追いかける人。おって。

おう‐て【追手】

《「おひて」の音変化》
大手4」に同じ。⇔搦(から)め手
「佐々木兄弟四人は搦め手に廻る、北条、土肥、岡崎等―なり」〈盛衰記・二〇〉
大手1」に同じ。⇔搦め手
「市野辺山(いちのべやま)の麓を回って―へ向かふ」〈太平記・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうて【追手】

〔「おひて」の転〕
大手おおて 」に同じ。 「五千余騎-の寄手として/太平記 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報