金灘里遺跡(読み)きんだんりいせき(英語表記)Kumt‘anni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

きんだんりいせき【金灘里遺跡 Kumt‘anni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国ピョンヤン特別市寺洞区域,大同江中流の南江左岸の沖積地に立地し,櫛目文土器(新石器)時代から無文土器(青銅器)時代にわたる文化変遷を示す重要な集落遺跡。1954年の発掘調査によって,三つの文化層が明らかにされた。最下層の第1文化層では,平面が方形か長方形の竪穴式住居跡1基が発見され,横方向の沈線帯の間を三角文などで埋める丸底の深鉢を主体とする櫛目文土器や,石斧石鏃石錘などの各種の石器を出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android