コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金灘里遺跡 きんだんりいせきKumt‘anni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

きんだんりいせき【金灘里遺跡 Kumt‘anni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国ピョンヤン特別市寺洞区域,大同江中流の南江左岸の沖積地に立地し,櫛目文土器(新石器)時代から無文土器(青銅器)時代にわたる文化変遷を示す重要な集落遺跡。1954年の発掘調査によって,三つの文化層が明らかにされた。最下層の第1文化層では,平面が方形か長方形の竪穴式住居跡1基が発見され,横方向の沈線帯の間を三角文などで埋める丸底の深鉢を主体とする櫛目文土器や,石斧石鏃石錘などの各種の石器を出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android