コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金灘里遺跡 きんだんりいせき Kumt‘anni‐yujŏk

1件 の用語解説(金灘里遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんだんりいせき【金灘里遺跡 Kumt‘anni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国ピョンヤン特別市寺洞区域,大同江中流の南江左岸の沖積地に立地し,櫛目文土器(新石器)時代から無文土器(青銅器)時代にわたる文化変遷を示す重要な集落遺跡。1954年の発掘調査によって,三つの文化層が明らかにされた。最下層の第1文化層では,平面が方形か長方形竪穴式住居跡1基が発見され,横方向の沈線帯の間を三角文などで埋める丸底の深鉢を主体とする櫛目文土器や,石斧,石鏃,石錘などの各種の石器を出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金灘里遺跡の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国人民民主主義千里馬羅津KCNA松岳脱北北韓南朝鮮

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone