金炳賢(読み)きんへいけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「金炳賢」の解説

金炳賢
きんへいけん / キムビョンヒョン
(1979― )

韓国(大韓民国)のプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のアリゾナ・ダイヤモンドバックスボストン・レッドソックス、コロラド・ロッキーズで投手としてプレー。地面に潜り込むようにして踏み出す本格的な「サブマリン投法」から、最速で時速150キロメートルの浮き上がる速球を繰り出し、2005年までの通算で1イニング平均1個の三振を奪った。

 1月19日、韓国の光州(こうしゅう/クワンジュ)で生まれる。1998年、大学2年のときに韓国ナショナル・チームに入り、アリゾナ州トゥーソン(ツーソン)で開催されたアマチュア国際大会で、オリンピックのアメリカ代表を相手に好投して注目された。翌99年にドラフト外でダイヤモンドバックスに入団、マイナー・リーグのAA級、AAA級を経て99年のうちに大リーグへデビュー、初セーブを記録した。2000年から抑えの投手として14セーブ、2001年も19セーブをあげた。2001年にはニューヨーク・ヤンキースとのワールド・シリーズでも抑えの投手を務めたが、第4戦と第5戦の2試合連続で9回2死から同点の本塁打を浴びるという苦い経験をした。2002年は36セーブをあげたが、2003年からは先発投手に転向している。同年5月、ボストン・レッドソックスへ移籍。2005年は開幕直前の交換トレードでロッキーズに移籍した。同年途中から先発専門となり、2006年には27試合に先発して8勝(12敗)をあげた。

[出村義和]

2007年以降

2007年は、3試合に登板したあとトレードでフロリダ・マーリンズへ移籍、23試合に登板し、先発19試合、9勝5敗、102個の三振を奪った。その後、1シーズン3球団目となる古巣ダイヤモンドバックスへの復帰。しかし、2試合に先発登板しただけで結果を残せず、2007年は所属3球団で28試合に登板、10勝8敗、防御率6.08に終わった。

 2007年までの通算成績は、登板試合394、投球回841、54勝60敗、セーブ86、防御率4.42、奪三振806、完投0、完封0。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android