先発(読み)せんぱつ

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ぱつ【先発】

〘名〙
① さきに行なうこと。特に、さきに出発すること。ほかよりさきに発すること。また、そのもの。〔広益熟字典(1874)〕
※旅‐昭和五年(1930)八月号・超特急の実現〈千葉豊〉「高速度列車を運転する事は先発(センパツ)急行列車の運行に非常な支障を来すので」 〔漢書‐項籍伝〕
② 何よりも先。まっさき。また、一番乗り。先陣。
※旗をめぐる波紋(1958)〈火野葦平〉「そういうとき、いつでも、民族の矜恃と叫喚との先発にかかげられるのが、国旗だ」
③ 野球などで、その試合の各チームの最初の選手となること。また、その者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぱつ【先発】

[名](スル)
先に出発すること。「キャンプ地の下見のために先発する」「先発隊」⇔後発
野球・サッカーなど団体で行うスポーツで、試合の最初から出場すること。「先発投手」「先発メンバー」
先に開発すること。「先発の低カロリー食品」⇔後発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android