金真桑・金甜瓜(読み)きんまくわ

精選版 日本国語大辞典「金真桑・金甜瓜」の解説

きん‐まくわ ‥まくは【金真桑・金甜瓜】

〘名〙 マクワウリの栽培品種。中国から渡来し、寛永年間(一六二四‐四四)にはすでに栽培されていたという。早生豊産で、果実は大きくなり、淡黄色の地に一〇条内外の濃色縦線がはいる。果肉は緑白色で甘味に乏しい。黄皮甜瓜。きんまくわうり。きんうり。
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉往年の水菓子屋風景「真桑瓜、金真桑、銀真桑、たてに細く皮を剥いたのが西瓜の切売と並んで人気もの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android