コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真桑瓜 マクワウリ

2件 の用語解説(真桑瓜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まくわ‐うり〔まくは‐〕【真桑×瓜】

ウリ科の蔓性(つるせい)の一年草。茎は地をはい、葉は手のひら状に浅く裂けている。夏、黄色の花が咲く。果実は楕円形で、黄・緑色などの縞模様があり、甘く、食用。漢方では未熟果の萼(がく)を乾燥し、催吐(さいと)薬に用いる。インドの原産。古くから世界各地で栽培され、日本では美濃国真桑村(岐阜県本巣市)産が有名であったところからの名という。甜瓜(てんか)。あじうり。あまうり。まくわ。 夏》「吹井戸やぽこりぽこりと―/漱石

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まくわうり【真桑瓜】

ウリ科のつる性一年草。南アジア原産とされる。マスクメロンと祖先が同じで、果物として東洋で発達。日本への渡来は古い。雌雄同株。果実は俵形。果皮は黄色または白色、果肉は甘く香気に富む。昔、美濃国真桑村(現岐阜県本巣もとす市)に良品を産したためこの名がある。味瓜あじうり。甘瓜。まくわ。漢名、甜瓜てんか[季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真桑瓜の関連キーワード阿古陀瓜金冬瓜牛尾菜白瓜雀瓜蔓性冬瓜御器蔓コロシント瓜藪豆

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone