まくわうり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

まくわうり[果菜類]

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に本巣市で生産されている。真桑村(現・本巣市真正地区)の原産。1575(天正3)年には、織田信長が朝廷や将軍・足利義昭に献上したことで知られる。昭和20年代からは、スイカやメロンの人気におされ姿を消していった。1990(平成2)年、原種保存と真桑特産品の復活のために真桑ウリ栽培研究会が設立され、栽培を維持する活動がおこなわれている。果実は米俵のような円柱形、黄色に緑の縞模様がある。成熟すると蔓から自然に離れ落ちる落ちで、香りが高く甘酸っぱい。飛騨・美濃伝統野菜

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まくわうりの関連情報