コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金筋 キンスジ

デジタル大辞泉の解説

きん‐すじ〔‐すぢ〕【金筋】

金色の筋。特に、制服の襟・袖・ズボンなどに縫いつけたもの。
刀で、(にえ)が集結してできる、金色の光を放つ長い線条。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんすじ【金筋】

金色の筋。洋服の襟・袖・ズボン・帽子などに縫いつけて装飾としたもの。また、軍人・警官などの階級の表示などとする。
刀の刃の鍛目きたえめに添って、特に強い光を発する沸にえの長い曲線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金筋の言及

【日本刀】より

…これには丁子様の映や棒状の棒映がある。異質の鋼が交じって線状に強く光るものを〈地景〉(地にあるもの),〈稲妻〉(刃にあるもの),〈金筋〉という。
[彫物]
 刀身に施した彫刻には,太刀や刀には〈棒樋(ぼうび)〉(鎬地の全面を彫る),〈二筋樋〉(鎬地に2本の樋を並べて彫ったもの)などがあり,短刀には〈護摩箸(ごまはし)〉(2本の細い棒状のもの)と〈剣(すけん)〉(柄(つか)のない剣のことであるが,柄付のものもある),〈くりから竜(俱梨伽羅竜)〉(剣にからまりつき剣頭をのみこもうとするもの)などが多い。…

※「金筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

金筋の関連キーワード山例五十三箇条日本刀の用語新藤五国光日本刀ズボン源清麿銀筋サバ制服正宗地景階級警官金条装飾洋服帽子軍人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android