コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金華山瀬戸 きんかざんせと

1件 の用語解説(金華山瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金華山瀬戸
きんかざんせと

宮城県東部,牡鹿半島金華山との間の水道。「山鳥の渡し」ともいう。最狭部 800m。両岸は断崖絶壁で,海中に岩盤が露出。最深部は平均約 20mで,濃霧のときなどに船が座礁することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の金華山瀬戸の言及

【金華山】より

…〈きんかさん〉ともいう。太平洋に浮かび,牡鹿半島とは幅約1kmの金華山瀬戸(金華山水道,山鳥の渡ともいう)でへだてられる。面積約9km2,周囲約26km。…

※「金華山瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone