コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡鹿半島 おしかはんとう

7件 の用語解説(牡鹿半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牡鹿半島
おしかはんとう

宮城県東部,仙台湾をかかえ太平洋に突出する紡錘形の半島。北上高地の最南端,高さ 500m以下の丘陵で,万石浦女川湾以南部をいう。海岸は典型的なリアス海岸で,属島として,出島 (いずしま) ,江ノ島列島,金華山網地島 (あじしま) ,田代島などがあり,江戸時代には牡鹿半島を含めて遠島 (とおしま) と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おしか‐はんとう〔をしかハンタウ〕【牡鹿半島】

宮城県東部、太平洋に突き出る半島。リアス式海岸で、漁港が多く、先端にある属島の金華山の沖は好漁場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

牡鹿半島【おしかはんとう】

宮城県東部,仙台湾をかかえて南東へ突出する半島。北上高地の最南端に当たり,最高点は光山(445m)。基部に万石浦があり,先端部に金華山が浮かぶ。海岸は三陸海岸に続くリアス海岸で,深い入江の奥に遠洋漁業基地の女川(おながわ),鮎川浜(牡鹿町(現・石巻市))などの良港が発達する。
→関連項目仙台湾南三陸金華山国定公園宮城[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おしかはんとう【牡鹿半島】

宮城県東部,北上高地の南端にあたり,仙台湾の東を画する半島。古くは遠島とも呼ばれた。石巻市,牡鹿郡牡鹿町および女川(おながわ)町に区画されている。半島の属島として,東側の太平洋には江ノ島,笠貝島,二股島,足島などが,西側の仙台湾には網地島(あじしま),田代島が,また先端付近に金華山がある。おもに中生代の岩石から成り,地層は著しく褶曲し断層を伴っている。その発達方向が北北東~南南西であるため,リアス海岸の湾入や岬もこの方向に支配されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おしかはんとう【牡鹿半島】

宮城県中東部、太平洋に突出する半島。北上山地の南端にあたり、内陸は丘陵状、海岸は典型的なリアス式。先端に金華山がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕牡鹿半島(おしかはんとう)


宮城県東部、太平洋に突出した半島。北は北上(きたかみ)高地南端に接し、西側に仙台(せんだい)湾・石巻(いしのまき)湾を抱く。沖合に金華山(きんかざん)・網地(あじ)島・田代(たしろ)島などの属島がある。標高約200~400mの丘陵からなり、海岸段丘やリアス式海岸が発達。半島基部に潟湖(せきこ)の万石(まんごく)浦がある。先端に近い鮎川(あゆかわ)港はかつては沿岸捕鯨の基地として知られた。現在も女川(おながわ)港・荻浜(おぎのはま)港など入り江の奥の良港は沿岸・近海・遠洋漁業の重要な基地。カキ・ノリなどの養殖も盛ん。東岸基部の女川町には東北電力株式会社原子力発電所が立地する。沿岸の景勝地は南三陸金華山国定公園の一部をなす。女川町から半島先端に近い石巻市鮎川浜まで山並みを縫って通じる牡鹿コバルトラインは1996年(平成8)に無料化された。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡鹿半島
おしかはんとう

宮城県東部、太平洋に突き出た半島。南は石巻(いしのまき)湾に面し、北は北上(きたかみ)高地南部に連なる。半島の大部分が石巻市に属するが、北東部は女川(おながわ)町に属する。古くは遠島(とおしま)とよばれていた。属島として、金華山、網地(あじ)島、田代(たしろ)島、江島(えのしま)、足島などがある。主として中生代の岩石からなる丘陵性の半島で、褶曲(しゅうきょく)、断層を伴う。半島の基部は、万石(まんごく)浦と女川湾を結ぶ線である。耕地が少なく、おもな産業は漁業で、女川、渡波(わたのは)、鮎川(あゆかわ)などの漁港がある。金華山沖漁場は暖流と寒流とが接する日本有数の漁場である。牡鹿町鮎川港は近海捕鯨の基地として有名であったが、1986年(昭和61)に国際捕鯨委員会により商業捕鯨が禁止されて以降は、沿岸小型捕鯨がささやかに行われている。内湾では浅海養殖業が、外洋側では磯物(いそもの)漁業が行われている。風景のよいリアス式海岸であることから、三陸復興国立公園(旧南三陸金華山国定公園)に指定されている。中央部には牡鹿コバルトライン(女川町浦宿(うらじゅく)―石巻市鮎川浜(あゆかわはま)山鳥渡(やまどりのわたし))が通じている(1996年無料化)。鮎川港の南東には、1646年(正保3)仙台藩が設置した異国船監視のための唐船番所跡がある。月浦(つきのうら)は遣欧使節支倉(はせくら)常長が1613年(慶長18)出航した地である。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牡鹿半島の関連キーワード大浦半島唐桑半島志摩半島大王崎チキウ岬突出南アジアノバスコシア太平洋高気圧本吉〈町〉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牡鹿半島の関連情報