針の筵(読み)はりのむしろ

精選版 日本国語大辞典「針の筵」の解説

はり【針】 の 筵(むしろ)

(を植えた敷き物の意から) 批判・非難にさらされていたたまれないさまのたとえ。いつも苦しめられている、つらい場所・環境にいること。
※談義本・世間万病回春(1771)三「夫をおして居んとすれば針(ハリ)(ムシロ)に尻すへるがごとくしばらくも安き心はない筈也」 〔七修類稿‐巻二〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「針の筵」の解説

針の筵

針を植えた敷き物。人に苦しめられ責められて、一時も安心できない、恐ろしい場所のたとえ。居たたまれない気持ちでいることのたとえ。

[使用例] 針の筵の一日一日がすぎて、もう、こんなに涼しくなってまいりました[太宰治*灯籠|1937]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「針の筵」の解説

はり‐の‐むしろ【針の×筵】

《針を植えた敷物の意から》一時も心の休まらない、つらい場所や境遇のたとえ。「針の筵に座る気持ち」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android