コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木伝蔵 すずき でんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木伝蔵 すずき-でんぞう

?-? 江戸時代中期の通詞。
対馬(つしま)(長崎県)府中藩につかえる。宝暦13年(1763)朝鮮通信使が日本に着く前,嵐(あらし)にあった。伝蔵は使節の一員の崔天宗とはかり,進物朝鮮人参(にんじん)が潮水でくさったといつわり,うりはらって大金をえたが,天宗にはあたえず大坂の宿で殺害した。のち事件が露見して処刑された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木伝蔵の関連キーワード韓人漢文手管始竹芝浦人対馬通詞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android