コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木六林男 すずき むりお

1件 の用語解説(鈴木六林男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木六林男 すずき-むりお

1919-2004 昭和-平成時代の俳人。
大正8年9月28日生まれ。昭和23年西東(さいとう)三鬼をまねき,俳誌「雷光」を発行。社会性俳句で注目され,32年「吹田操車場」で現代俳句協会賞。46年「花曜」を創刊,主宰。戦争と愛を主題に句作をつづけ,平成7年「雨の時代」で蛇笏(だこつ)賞。14年現代俳句大賞。平成16年12月12日死去。85歳。大阪出身。山口高商(現山口大)中退。本名は次郎。句集はほかに「荒天」「第三突堤」「一九九九年九月」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木六林男の関連キーワード石英岩ICタグサイモン委員会山本雅幸京都大学東北大学TORICO井上由美子ミサイルマン尿素SCRシステム(FLENDS)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木六林男の関連情報