コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木弘恭 すずき ひろやす

美術人名辞典の解説

鈴木弘恭

水戸藩士。号は十八公舎。戸村義暢・間宮永好黒川真頼門。東京女子高等師範学校教官。明治30年(1897)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木弘恭 すずき-ひろやす

1844*-1897 明治時代の国文学者。
天保(てんぽう)14年12月11日生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。藩校弘道館でまなび,間宮永好(ながよし),黒川真頼(まより)に師事。東京女高師(現お茶の水女子大),華族女学校(現学習院)などでおしえた。明治30年7月31日死去。55歳。号は十八公舎。著作に「日本文学史略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木弘恭の関連キーワード遠山 稲子明治時代遠山稲子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android