コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間宮永好 まみや ながよし

美術人名辞典の解説

間宮永好

国学者、水戸の人、名を又左ヱ門といふ。和歌を好み筆札は巧にして明治の初年神祇権大史に任ぜられる。遺著に『万葉長歌部類』『古今集新註』等あり。明治5年(1872)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間宮永好 まみや-ながよし

1805-1872 江戸後期-明治時代の国学者。
文化2年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。小山田与清(おやまだ-ともきよ)の門人。妻八十子(やそこ)とともに和歌をよくした。維新後,新政府につかえ,神祇権大史(ごんのだいし)をつとめる。明治5年1月3日死去。68歳。字(あざな)は叔芳。通称は又左衛門。号は松屋,槐蔭亭。著作に「松蔭集」「和歌年中行事」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

間宮永好の関連キーワード間宮八十子南部利剛鈴木弘恭国学者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android