コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山登派 やまとは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山登派
やまとは

山田流箏曲の芸系の一派山田検校門下の山登検校の名を継ぐ各代と,その門下中独立したものを含めていう。1世山登検校,山登松齢山登松和らが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまとは【山登派】

箏曲の流派および芸系。山田流の一派であって,山登姓の家元を中心とする派をいう。 初世山登(1782‐1863∥天明2‐文久3)は,江戸で,山田検校の《江の島の曲》の作詞者とも伝えられる高木与兵衛(百泰)の子として生まれる。幼名清吉。失明して山田検校に師事,都名(いちな)を松和一と名のる。1812年(文化9)山登検校となる。山田検校の筆頭弟子として出藍の誉れが高かったが,師の没後,その姓を継がず,終生山登で通した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

山登派の関連キーワード山勢検校(2世)山登万和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android