コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木知言 すずき ちかのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木知言 すずき-ちかのぶ

1844-1908 明治時代の官吏,教育者。
弘化元年生まれ。島田三郎の兄。もと幕臣。昌平黌(しょうへいこう)に,維新後は沼津兵学校にまなぶ。大蔵省,工部省につとめ,明治15年日本鉄道会社にはいり,創業にかかわる。19年東京商業学校(現一橋大)付属徒弟講習所教授となる。辞職後みずから商業素修学校をおこした。明治41年7月死去。65歳。号は茜陵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木知言の関連キーワードバンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学国木田独歩沢村宗十郎監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣