コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木英夫 すずき ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木英夫 すずき-ひでお

1912-2010 昭和-平成時代の歌人,医師。
明治45年2月9日生まれ。北原白秋に師事し,昭和10年「多磨創刊にくわわる。戦後,医院をいとなむかたわら「コスモス」創刊に参加。清明な歌をよみ,53年「忍冬文」で日本歌人クラブ賞,63年「柊二よ」で短歌研究賞。平成22年10月18日死去。98歳。神奈川県出身。千葉医大(現千葉大)卒。歌集に「おりえんたりか」,評論に「北原白秋の思想」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木英夫の関連キーワード黒い画集/寒流ブハーリン美鳩 まり修飾語流行語感動詞武士詞疑問詞新語連語語尾俗語略語

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木英夫の関連情報