コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木蓼処 すずき りょうしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木蓼処 すずき-りょうしょ

1833-1878 幕末-明治時代の儒者,漢詩人。
天保(てんぽう)4年生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。森春濤(しゅんとう)に漢詩をまなぶ。安政4年藩校明道館の句読師となる。明治7年上京し,教部省につとめる。川田甕江(おうこう)らと親交があった。明治11年1月8日死去。46歳。名は魯。字(あざな)は敬玉。著作に「蓼処詩文稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木蓼処の関連キーワードハーシェルエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人しし座流星群しし(獅子)座流星群クロスビースロイスシリア史

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone