コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教部省 キョウブショウ

百科事典マイペディアの解説

教部省【きょうぶしょう】

明治初期宗教政策を管掌した政府機関。神祇(じんぎ)省(1871年設立)の廃止に伴い1872年設置。祭典は式部寮,宣教は教部省で行った。教導職を置き教化を担当させるとともに,社寺の廃立,神官・僧侶の任命昇級など一切の事務をつかさどった。1877年廃止され内務省に移管。→神祇官大教宣布
→関連項目島地黙雷大教院

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうぶしょう【教部省】

維新政府の国民教化・社寺行政機関。王政復古後,祭政一致の理念にもとづき神祇官が復活し,そのもとに宣教使をおいて,国民教化にのりだしたが,見るべき成果をあげることができなかったため,江藤新平福羽美静らは教化政策の修正を意図した。他方,廃仏毀釈の打撃を受けた仏教側は,維新後の新しい宗教状況に対応するために,仏教を所管する中央官庁の設置を政府に要望した。これらの事情から廃藩置県直後の1872年(明治5)3月教部省が設置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうぶしょう【教部省】

1872年(明治5)国民教化を目的に設置された官庁。神道・仏教の教義・教派、社寺の廃立、神官・僧侶の任命・昇叙などをつかさどった。77年に廃止され、内務省に移管された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教部省
きょうぶしょう

明治初年の教化・宗教行政機関。明治政府は維新以来の直接的な神道国教化政策を手直しするために、1872年(明治5)3月14日神祇(じんぎ)省および大蔵省戸籍寮社寺課を廃し「教義ニ関係スル一切ノ事務ヲ統理スル」機関として教部省を設置した。初代の卿(きょう)は嵯峨実愛(さがさねなる)、大輔(たいふ)は福羽美静(ふくばびせい)。政府はこの省の下で「三条の教則」を定め、神官のみならず僧侶(そうりょ)などを教導職に任命、また神仏合同の教院を設けて、天皇思想を国民に広める一大教化運動(大教宣布運動)を展開した。しかしながらこの運動は、欧米諸国の批判や国内における啓蒙(けいもう)思想家、仏教徒やキリスト教徒による信仰自由論によりまもなく挫折(ざせつ)し、教部省も77年1月に廃止され、宗教行政は内務省社寺局で扱われるようになった。[中島三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

教部省の関連キーワード後醍院真柱深川照阿松野真維猿渡容盛松岡時懋奥宮正由桜井成能星川清晃青木幸躬角田文河宝田通文常世長胤鈴木月彦藤岡好古小栗布岳島田蕃根物集高見疋田棟隆上田及淵佐伯旭雅

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android