コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川田甕江 かわだおうこう

5件 の用語解説(川田甕江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川田甕江
かわだおうこう

[生]天保1(1830)
[没]1896
幕末~明治の漢学者。名は剛。大橋訥庵藤森弘庵に学ぶ。松山藩に仕え,明治維新東京大学教授。学士院会員。文学博士。『古事類苑』編纂総裁。著書『日本外史弁誤』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわだ‐おうこう〔かはだヲウカウ〕【川田甕江】

[1830~1896]幕末・明治前期の漢学者。備中の人。名は剛(たけし)。大橋訥庵(おおはしとつあん)らに師事。文章家として知られた。著「文海指針」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田甕江 かわだ-おうこう

1830-1896 幕末-明治時代の漢学者。
文政13年6月13日生まれ。川田順の父。大橋訥庵(とつあん),藤森弘庵らにまなぶ。備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩につかえ,維新後は修史局や宮内省につとめ,東京大学教授をかねた。貴族院議員。「古事類苑」編修総裁,宮中顧問官などを歴任。明治29年2月2日死去。67歳。備中出身。名は剛。字(あざな)は毅卿。著作に「随鑾(ずいらん)紀程」「近世名家文評」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川田甕江

没年:明治29.2.2(1896)
生年:天保1.6.13(1830.8.1)
幕末明治期の儒者,文人。名は剛,字は毅卿,幼名竹次郎,通称剛介,号は甕江。備中(岡山県)阿賀崎の人。早く江戸に出て古賀茶渓,大橋訥庵,藤森弘庵らに師事。大溝藩(滋賀県)の賓師を経て,山田方谷の推薦で幕閣でもあった備前松山藩主板倉勝静に仕えた。その後動乱の中でよく藩主父子を補佐しながら佐幕から尊皇への藩論転換の処理を行う。明治3(1870)年,致仕して政府に仕え大学少博士,権大外史を経て,8年に太政官修史局(のち修史館)が発足してその一等修撰になった。10年,一等編修。14年,明治天皇北海道巡幸に随行し『随鑾紀程』(1884)を著す。しかし同年12月,重野成斎(安繹)一派との確執により宮内省四等出仕に転任。その後は東京大学教授,諸陵頭を歴任した。23年,貴族院議員になるが2年で辞職。錦鶏間祗候,東宮侍読となる。晩年『古事類苑』を監修した。文学博士。性温雅にして洒脱。文章特に碑文に秀でていた。漢学者杉山三郊は娘婿,歌人川田順はその庶子である。<著作>『文海指針』『楠氏考』『得間瑣録』<参考文献>亀山松濤『川田甕江先生小伝』

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわだおうこう【川田甕江】

1830~1896) 江戸末期・明治の漢学者。岡山の人。名は剛。大橋訥庵とつあんに学ぶ。江戸深川で塾を開き門弟を指導。文章家として知られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川田甕江の関連キーワード中野龍田柴秋邨角田錦江三宅錦川三宅擔庵宮原易安細合半斎黒滝水斎三木雲門矢島立軒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone