コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴藤勇次郎 すずふじ ゆうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴藤勇次郎 すずふじ-ゆうじろう

1826-1868 幕末の武士。
文政9年生まれ。江川太郎左衛門英竜(ひでたつ)に師事して砲術をおさめ,幕臣となる。長崎でオランダ人航海術をまなび,安政7年咸臨(かんりん)丸運用方として渡米。画をよくし「咸臨丸難航図」がある。病気のため榎本武揚の旧幕府艦隊に参加できず,慶応4年8月24日自殺。43歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。本姓は鈴木。名は致孝(むねたか)。字(あざな)は子享。号は萃庵。著作に「航亜日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴藤勇次郎

没年:明治1.8(1868)
生年:文政9(1826)
幕末の幕臣。長崎海軍伝習所に学び,万延1(1860)年咸臨丸に乗り組み,太平洋を横断。「咸臨丸難航図」を木村芥舟に贈る。幕府倒壊ののち,榎本武揚の旧幕府軍に参加しようとして病のため果たせず自刃。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鈴藤勇次郎の関連キーワードハウフ戊辰戦争バーラクザイ朝ハウフオーストラリア・ニュージーランド文学ブスケン・フートバンコク朝藩学一覧日本の医学史(年表)早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android