コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴藤勇次郎 すずふじ ゆうじろう

2件 の用語解説(鈴藤勇次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴藤勇次郎 すずふじ-ゆうじろう

1826-1868 幕末の武士。
文政9年生まれ。江川太郎左衛門英竜(ひでたつ)に師事して砲術をおさめ,幕臣となる。長崎でオランダ人に航海術をまなび,安政7年咸臨(かんりん)丸運用方として渡米。画をよくし「咸臨丸難航図」がある。病気のため榎本武揚の旧幕府艦隊に参加できず,慶応4年8月24日自殺。43歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。本姓は鈴木。名は致孝(むねたか)。字(あざな)は子享。号は萃庵。著作に「航亜日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴藤勇次郎

没年:明治1.8(1868)
生年:文政9(1826)
幕末の幕臣。長崎海軍伝習所に学び,万延1(1860)年咸臨丸に乗り組み,太平洋を横断。「咸臨丸難航図」を木村芥舟に贈る。幕府倒壊ののち,榎本武揚の旧幕府軍に参加しようとして病のため果たせず自刃。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴藤勇次郎の関連キーワード小夫兵庫川村直良窪田伴治早田恒斎土屋善右衛門根岸主馬羽田正見松井秀簡森半蔵渡辺祐次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone