鉄漿付(読み)かねつけ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① お歯黒をつけること。江戸時代には、女子成年の儀式の一つとされ、知人七か所から鉄漿をもらってくる風習があった。
※とりかへばや(12C後)中「まゆぬき、かねつけなど女びさせたれば、かくてはいとどにほひまさりたりけるをやと見えて」
② 江戸時代、遊里で遊女や芸妓が一人前になるときの、お歯黒をつける儀式。
※談義本・風流志道軒伝(1763)五「只世上の女郎に異なる事は、袖とめ、かね付の世話なきのみにてぞ有りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android