コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄菱 テツビシ

デジタル大辞泉の解説

てつ‐びし【鉄×菱】

日本古来の武器の一。四方とげのある、ひし形の小鉄片。地上に散布して敵の馬の脚を痛めつけ、その進退を妨害するために用いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かなびし【鉄菱】

武器の一。菱の実の形に似た、とげのある鉄片。地面にまいて敵の人馬の進退を妨げた。

てつびし【鉄菱】

ヒシの実形の四本のとげがある鉄製の武器。地面にまいて、敵方の馬などの足を傷つけるのに用いる。四本のとげのうち一本が必ず上を向く構造になっている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉄菱の関連キーワードベッケの系列自形変晶系列敵方実形ヒシ鉄製地面人馬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄菱の関連情報