鉄蛋白質(読み)テツタンパクシツ

デジタル大辞泉の解説

てつ‐たんぱくしつ【鉄×蛋白質】

鉄原子を含む複合たんぱく質の総称。ヘム基をもつヘムたんぱく質とヘム基をもたず鉄原子が直接結合している非ヘム鉄たんぱく質に分類される。前者は、動物の血液や筋肉にヘモグロビンミオグロビンとして存在する代表的な色素であり、酸素の運搬を担う。後者は、動物の肝臓・脾臓(ひぞう)などで鉄の貯蔵に関与するフェリチンが知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android