コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄蛋白質 テツタンパクシツ

デジタル大辞泉の解説

てつ‐たんぱくしつ【鉄×蛋白質】

鉄原子を含む複合たんぱく質の総称。ヘム基をもつヘムたんぱく質とヘム基をもたず鉄原子が直接結合している非ヘム鉄たんぱく質に分類される。前者は、動物の血液や筋肉にヘモグロビンミオグロビンとして存在する代表的な色素であり、酸素の運搬を担う。後者は、動物の肝臓・脾臓(ひぞう)などで鉄の貯蔵に関与するフェリチンが知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android