コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合蛋白質 ふくごうたんぱくしつconjugated protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合蛋白質
ふくごうたんぱくしつ
conjugated protein

加水分解によりアミノ酸以外の物質をも生じる蛋白質。蛋白質には,天然の状態で複合形をとるものが多い。グルコースガラクトース,マンノース (少量のヘクソサミンを含むことが多い) などから成る多糖類と結合して糖蛋白質となっているもの,脂質と結合してリポ蛋白質となっているものなどはその例である。酵素などでも,補酵素もしくは活性族原子団と結合している場合には,やはり複合蛋白質に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくごうたんぱくしつ【複合蛋白質】

単純タンパク質に対して、成分として α -アミノ酸以外の原子団を含むタンパク質。核タンパク質・糖タンパク質・色素タンパク質・リンタンパク質など。生体に広く分布して重要な役割を果たす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

複合蛋白質の関連キーワード単純タンパク質リンタンパク質色素タンパク質ヘモグロビン核タンパク質フラボ蛋白質糖タンパク質リン蛋白質アポ酵素粘液

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android