複合蛋白質(読み)ふくごうたんぱくしつ(英語表記)conjugated protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「複合蛋白質」の解説

複合蛋白質
ふくごうたんぱくしつ
conjugated protein

加水分解によりアミノ酸以外の物質をも生じる蛋白質。蛋白質には,天然の状態で複合形をとるものが多い。グルコースガラクトース,マンノース (少量のヘクソサミンを含むことが多い) などから成る多糖類と結合して糖蛋白質となっているもの,脂質と結合してリポ蛋白質となっているものなどはその例である。酵素などでも,補酵素もしくは活性族原子団と結合している場合には,やはり複合蛋白質に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「複合蛋白質」の解説

ふくごう‐たんぱくしつ フクガフ‥【複合蛋白質】

〘名〙 α‐アミノ酸以外に他の有機物を結合している蛋白質の総称。非蛋白質の部分を補欠分子族という。生物内に広く存在し、生理的に重要なものが多い。カゼイン、ヘモグロビンなど。⇔単純蛋白質

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android