コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄輪王 テツリンオウ

大辞林 第三版の解説

てつりんおう【鉄輪王】

〘仏〙 転輪王のうち、最初に出現し、鉄の輪宝を感得して南閻浮提なんえんぶだいを治めるとされる聖王。鉄輪聖王じようおう。聖王。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉄輪王の関連キーワード南閻浮提四輪王

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android