南閻浮提(読み)なんえんぶだい

  • 南×閻浮▽提

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「閻浮提」はjambu-dvīpa の音訳) 仏語。須彌山(しゅみせん)をめぐる四洲の一つ。須彌山の南方海上にある大陸。人間の住む世界で、もとインドの地を想定したもの。南瞻部洲(なんせんぶしゅう)。南閻浮洲。閻浮提。南閻浮。南浮。
※三教指帰(797頃)下「然頃日間、刹那、幻住於南閻浮提陽谷、輪王所化之下、玉藻所帰之嶋、櫲樟蔽日之浦」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android