コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道の日 テツドウノヒ

デジタル大辞泉の解説

てつどう‐の‐ひ〔テツダウ‐〕【鉄道の日】

10月14日。明治5年(1872)10月14日、日本最初の鉄道新橋~横浜間の開通した日にちなむ。
[補説]大正11年(1922)国鉄により、鉄道記念日として制定されたが、民営化後の平成6年(1994)に鉄道の日と改名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鉄道の日

1872年10月14日東京・新橋―横浜間に日本で初めて鉄道が開業したことにちなむ。

(2011-10-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鉄道の日

10月14日。明治5年9月12日(1872年10月14日)、新橋駅・横浜駅間の鉄道の開業式典が行われたことにちなむ。旧称「鉄道記念日」。旧国鉄(JR)の記念日として祝われていたが、分割民営化後の1994年に改称、全鉄道事業者が祝う記念日となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

鉄道の日の関連キーワードJR東日本30周年記念入場券ポーツマス条約ガッタンゴー上越(市)鉄道記念物鉄道博物館ハリマンテッピー直江津

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道の日の関連情報