コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道省 てつどうしょう

6件 の用語解説(鉄道省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄道省
てつどうしょう

運輸行政を所管した中央官庁。 1920年に鉄道院が昇格,拡充されてできた。初代大臣は元田肇国有鉄道の管理をはじめ,陸上運送業や私鉄事業の監督権を握っていた。最初官房のほか監督,運輸,建設,工務,工作,経理の6局から成り立っていたが,電車などの普及に伴い電気局 (1921) ,国際観光局 (30) が,準戦時体制に入ってからは鉄道調査部 (37) ,需品局 (41) が設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てつどう‐しょう〔テツダウシヤウ〕【鉄道省】

もと内閣各省の一。国有鉄道およびその付帯業務の管理、地方鉄道および軌道の監督、また南満州鉄道株式会社の鉄道・航路の業務の監督などにあたった。大正9年(1920)鉄道院を昇格して設置。昭和18年(1943)運輸通信省に統合され、さらに同20年運輸省に改編。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄道省【てつどうしょう】

国有鉄道事業の経営と地方鉄道その他の陸運業務の監督を担当した旧官庁。1920年設置。陸運監督権の掌握,運送店の合同など陸運全般に行政統制を加えた。1943年運輸通信省に統合。
→関連項目日本国有鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうしょう【鉄道省】

鉄道および陸上交通の監督,国有鉄道の現業官庁。1920年5月15日,それまでの鉄道院(内閣所属)を廃止して設置した。所管業務は,国有鉄道および付帯業務の管理,地方鉄道・軌道,南満州鉄道などの監督とされ,本省に大臣官房および6局,地方に6鉄道局(東京,神戸,門司,名古屋,仙台,札幌)をおいた。28年11月5日逓信省から陸運事業に対する監督権を引き継ぎ,陸上交通全般にわたる行政官庁となった。29年6月8日拓務省設置にともない,南満州鉄道の監督権を同省に移管した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てつどうしょう【鉄道省】

1920年(大正9)に設置された鉄道行政を管轄する中央官庁。30年頃から陸上交通全般を管轄。43年(昭和18)廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄道省
てつどうしょう

1920年(大正9)5月15日設置された鉄道管轄官庁第一次世界大戦中から鉄道事業は飛躍的に発展し、また原敬(たかし)政友会内閣は鉄道網の整備を重点施策とした。このような事情から鉄道院を昇格して、政府の1省とする措置がとられた。同省の管轄業務は国有鉄道および付帯業務の運営、地方鉄道、軌道、南満州鉄道の監督とされ、中央に大臣官房と6局、各地方に鉄道局その他の機関を置いた。28年(昭和3)陸運監督権を加え、翌年満鉄の監督権を拓務省に移管した。30年には省営自動車の営業を開始、第二次世界大戦期にかけて陸上交通全般についての管轄官庁となった。この間何回か組織は変更されたが、太平洋戦争下の43年11月1日運輸通信省の設置に伴い廃止、業務は同省の鉄道総局その他に引き継がれた。[原田勝正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉄道省の言及

【日本国有鉄道】より

…明治から大正にかけて,国鉄は日本全国を結ぶ唯一の交通機関として著しい発展を続けた。20年鉄道院は鉄道省となり,23年には一般会計から完全に独立した鉄道会計制度が設けられ,財政基盤が固められた。昭和に入ると,競争相手として自動車が登場したが,30年に国鉄も乗合自動車の経営を始め,貨物輸送では37年に小運送業法によってトラックとの協調体制を整えた。…

※「鉄道省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄道省の関連キーワード国鉄JR私鉄鉄道公安職員日本国有鉄道鉄道管理局鉄道警察播但線国有鉄道運賃法日本国有鉄道幹線調査会

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄道省の関連情報