鉛粉(読み)えんぷん

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐ぷん【鉛粉】

〘名〙 鉛(なまり)を原料とした白色顔料。古くは白粉(おしろい)として用いられたが、現在は塗料や絵の具に使われる。鉛華(えんか)。鉛白(えんぱく)
※書紀(720)持統六年閏五月(北野本訓)「其の造れる鉛粉(エムフン)を美(ほ)めたまへり」 〔韋元甫‐木蘭詩〕

なまり‐ふん【鉛粉】

〘名〙 鉛の粉末。蒔絵(まきえ)の顔料に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android