鉛粉(読み)えんぷん

精選版 日本国語大辞典「鉛粉」の解説

えん‐ぷん【鉛粉】

〘名〙 (なまり)原料とした白色顔料。古くは白粉(おしろい)として用いられたが、現在は塗料絵の具に使われる。鉛華(えんか)鉛白(えんぱく)
書紀(720)持統六年閏五月(北野本訓)「其の造れる鉛粉(エムフン)を美(ほ)めたまへり」 〔韋元甫‐木蘭詩〕

なまり‐ふん【鉛粉】

〘名〙 鉛の粉末蒔絵(まきえ)顔料に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鉛粉」の解説

えん‐ぷん【鉛粉】

古くおしろいに用いた、鉛を原料とする白色顔料。現在は塗料や絵の具に用いる。

なまり‐ふん【鉛粉】

鉛の粉末。蒔絵まきえの顔料として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android