鉱石検波器(読み)こうせきけんぱき(英語表記)crystal detector

翻訳|crystal detector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鉱石検波器」の解説

鉱石検波器
こうせきけんぱき
crystal detector

半導体ダイオードの1種。受信電波を検波して信号を取出すため,以前は方鉛鉱などの鉱石に金属針などを点接触させて,そこでの整流作用を利用したものを用いた。現在ではこれを発展させて,鉱石の代りケイ素ゲルマニウム単結晶を用いる。これらも同じように鉱石検波器といい,マイクロ波などの検波に使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鉱石検波器」の解説

こうせき‐けんぱき クヮウセキ‥【鉱石検波器】

〘名〙 天然の鉱石または半導体整流器を用いた検波装置。鉱石ラジオトランジスタラジオなどの受信回路に広く用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鉱石検波器」の解説

こうせき‐けんぱき〔クワウセキ‐〕【鉱石検波器】

天然の鉱石と金属針との接触面の整流作用を利用した検波器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android