コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀婚湯温泉 ぎんこんゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀婚湯温泉
ぎんこんゆおんせん

北海道南西部,八雲町にある温泉。落部 (おとしべ) 川上流,二股川の中州にある。泉質は食塩泉,泉温 96℃。 1925年,大正天皇銀婚式の日に開削したことが地名の由来。付近の名勝地に車滝,白糸ノ滝,谷別 (やべつ) 峡谷などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone