銀杏頭(読み)イチョウガシラ

大辞林 第三版の解説

いちょうがしら【銀杏頭】

江戸時代の男の髪形の一。髷まげの先をイチョウの葉のように平たく広げたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちょう‐がしら イチャウ‥【銀杏頭】

〘名〙 江戸時代の男子の髷(まげ)の一種。はけさきを銀杏の葉の形に末広くひろげたもの。
※評判記・色道大鏡(1678)二「髪の結やうは、立髪、銀杏(イテウ)がしら、ふともとゆひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android