コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀目 ギンメ

大辞林 第三版の解説

ぎんめ【銀目】

江戸時代の、銀または銀貨を量る際の単位の名目。匁もんめ・貫(一〇〇〇匁)・分ふん(一〇分の一匁)などの名目があった。大坂を中心に行われた。 → 金目
「銀目鯛」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銀目の関連キーワードオッドアイ江戸時代匁・文目目の色一分銀大坂金目銀色

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android