コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀蘭 ギンラン

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐らん【銀×蘭】

ラン科の多年草。低山の木陰に生え、高さ20~30センチ。茎の上部に楕円形の葉を2、3枚つける。春、数個の白い小花をつける。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんらん【銀蘭】

ラン科の多年草。草原や疎林内に生える。キンランに似ているが全体にやや小さく、葉数も少ない。花は数個つき、白色で径1センチメートルほど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀蘭 (ギンラン)

学名:Cephalanthera erecta
植物。ラン科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

銀蘭の関連キーワードキンラン白色草原

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android