コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鏡神楽 しろみかぐら

2件 の用語解説(銀鏡神楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀鏡神楽
しろみかぐら

宮崎県西都市銀鏡にある銀鏡神社で毎年 12月12~16日に行なわれる祭礼で演じられる神楽米良神楽とも呼ばれる。全部で 33番あり,13日の夕刻に宿神と呼ばれる地主神を迎える 1番の「星の神楽」が舞われ,14日夕刻に近隣の神社からの神々の面を迎える「面様迎え」を行なったあと,夜 8時頃から翌 15日昼頃にかけて残り 32番が夜通し演じられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

銀鏡神楽

毎年12月の銀鏡神社の大祭で奉納される。狩猟や焼き畑など、山の生活ならではの民俗や、一帯に伝わる日向神話などで構成している。33番まであり、13日に1番「星の神楽」からスタート。残りは14日~15日に徹夜で奉納される。祭殿にはイノシシの頭を供える。見せ場の一つは、32番の「ししとぎり」。男女2人の神がイノシシの足跡を追い、射止め、持ち帰るまでの狂言劇だ。1977年、県内の神楽で初めて、国の重要無形民俗文化財に指定された。

(2011-06-17 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀鏡神楽の関連キーワード伊勢太神楽宇土手の荒踊隠岐の田楽と庭の舞球磨神楽津和野弥栄神社の鷺舞平戸神楽米良神楽安居神楽玉串料と真榊(まさかき)銀鏡神社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀鏡神楽の関連情報