コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鏡 しろみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀鏡
しろみ

宮崎県中部,西都市北西部の東米良地区の中心集落。南北朝時代に米良の支配者菊池氏が懐良親王を立てて戦い,敗れて逃れ住んだ地とされる。イワナガヒメノミコトをまつる銀鏡神社に伝わる米良神楽は,重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐きょう〔‐キヤウ〕【銀鏡】

銀の表面を磨いた鏡。
ガラス表面薄膜を付着させた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんかがみ【銀鏡】

スズキ目の海魚。全長30センチメートル 程度。体は著しく側扁し、円盤状。腹部は前下方へ張り出して半円形の鋭い腹縁を形成する。鱗はない。南日本、太平洋、インド洋域の浅海に分布。ムーンフィッシュ。

ぎんきょう【銀鏡】

銀の表面を磨いた鏡。
ガラス板に銀の膜を付着させた鏡。銀の膜を裏止め塗料や銅めっきで保護したものが、現在一般に使われる鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀鏡 (ギンカガミ)

動物。ギンカガミ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の銀鏡の言及

【硝酸銀】より

…ショ糖,酒石酸,紙等多くの有機物に触れると,たやすく金属に還元される。とくにガラス表面でアンモニアアルカリ性溶液において酒石酸と反応させると,美しい銀鏡を作ることができる。卵白は硝酸銀の作用で凝固する。…

※「銀鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀鏡の関連キーワード硝酸銀アンモニア溶液アクリルアルデヒドアセトアルデヒドムーンフィッシュホルムアルデヒドトレンスの試薬アルデヒド基化学めっきグルコースカテコールアルデヒド銅めっきガラス板イノシシ一ツ瀬川銀鏡神楽銀鏡反応南日本太平洋半円形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀鏡の関連情報