コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神事舞 じんじまい

6件 の用語解説(神事舞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神事舞
じんじまい

神事として行われる舞。祭式のなかで舞われることが多く,鎮魂を目的とする神楽のなかの禊 (みそぎ) ,祓 (はらい) ,神おろし,託宣の舞,あるいは神の霊験を具象化した舞,悪魔払いの舞,田植神事のなかの農耕の予祝祈願の田楽,風流 (ふりゅう) では悪霊,怨霊の鎮送のための舞,降雨祈願の舞などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんじ‐まい〔‐まひ〕【神事舞】

神社の祭礼に、神事の一部として行われる舞。神楽舞楽田楽など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じんじまい【神事舞】

神事として舞われる舞。神事の祭式の中で行われることが多い。御神楽(みかぐら)の人長(にんぢよう)の舞がまず挙げられるが,民間の神楽では島根県美保神社の巫女(みこ)舞,佐太神社の採物(とりもの)舞(佐陀神能(さだしんのう))などがある。ほかに兵庫県上鴨川住吉神社の神事では王の舞や翁舞を,伊勢太神楽では採物の獅子舞を神事舞と称している。東京都三宅島神着(かみつき)の神舞も神事舞である。なお江戸時代里神楽(さとかぐら)では神楽師を神事舞大夫といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんわざまい【神事舞】

昔、神祭に催された猿楽の一。現在の神楽かぐら

しんじまい【神事舞】

神社の祭礼に奉納される舞。神楽かぐらに限らず、山車だしや屋台の上での舞、境内や神輿みこしに供奉した道中での舞もいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神事舞
じんじまい

神事のときに舞う舞。仏事のときに舞う舞に対していい、特別に神事舞という定まった舞があるわけではない。舞楽(ぶがく)、田楽(でんがく)、風流(ふりゅう)、能、獅子舞(ししまい)、神楽(かぐら)など神事の際に舞われた場合にはすべて神事舞といい、同じ芸能でも神事以外の場所で舞われた場合には神事舞とはいわない。芸能全体をさすときには神事芸能とよび、舞に重点を置いてよぶときには、神事舞という。また、近世後期、江戸・浅草に住した田村八太夫およびその系統の人々を神事舞太夫といい、彼らによって舞われた里神楽や曲舞(くせまい)も神事舞といった。宮崎県東臼杵(ひがしうすき)郡椎葉(しいば)村不土野(ふどの)の神楽では、神楽を始める最初に式三番(しきさんば)といって神聖視されている舞、数番を演ずるが、それを神事舞といっている。[後藤 淑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神事舞の関連キーワード御弓の神事削り掛けの神事小祀神事相撲神事能贄海の神事御蔭祭蟇目の神事諸手船神事南宮の神事芸能

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神事舞の関連情報