鋳掛け(読み)いかけ

世界大百科事典 第2版の解説

いかけ【鋳掛け】

溶解した金属を欠陥部の生じた所定の個所に注入して凝固・接合させる技術で,一種の溶接技術である。鋳物の引け巣などの欠陥部を補修するために古くから行われてきた。本鋳掛けとも呼ばれる。鋳掛けを行うときは接合部を予熱しておき,また鋳掛け後は局部または全体の焼きなましを行うのが普通である。現在では,溶接技術の信頼性が著しく向上したため,アーク溶接,ガス溶接などによって補修されることが多い。【梅田 高照】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋳掛けの関連情報