鋸南[町](読み)きょなん

百科事典マイペディアの解説

鋸南[町]【きょなん】

千葉県南部,安房(あわ)郡の町。浦賀水道に面し,北境には鋸(のこぎり)山がある。内房線が通じる中心集落の勝山,北部の保田はともに漁港町で,特に保田は海水浴場として有名。海岸は南房総国定公園に属する。花,野菜の栽培,酪農が盛ん。45.19km2。8950人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょなん【鋸南[町]】

千葉県南部,東京湾に臨む安房(あわ)郡の町。1959年勝山町と保田(ほた)町が合体,改称。人口1万1071(1995)。町域の大部分は房総丘陵西端にあり,北部の海岸近くに鋸山がそびえる。中心集落の保田,勝山はともに東京湾に注ぐ小河川の河口にあり,勝山港は内房有数の漁港で,近世には房州捕鯨の根拠地だった。近年ハマチ,ワカメの養殖や地引網,釣りなどの観光漁業に力を注いでいる。保田は花卉露地栽培が盛んで,近年は温室によるカーネーションの栽培がふえている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android