コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内房線 うちぼうせん

5件 の用語解説(内房線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内房線
うちぼうせん

房総半島基部の蘇我から木更津,館山と半島の西側を通って安房鴨川へいたる鉄道。 JR東日本。全長 119.4km。外房線とともに房総半島一周線をなす。 1912年一部開通,25年全通。列車は外房線総武本線横須賀線に乗入れて,千葉,東京,久里浜方面に直通運転されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うちぼう‐せん〔うちバウ‐〕【内房線】

外房線蘇我(そが)から木更津(きさらづ)を経て安房鴨川(あわかもがわ)に至るJR線。木更津で久留里(くるり)線を分岐する。昭和4年(1929)全通。全長119.4キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

内房線【うちぼうせん】

蘇我〜木更津〜安房(あわ)鴨川間のJR線。営業キロ119.4km。房総半島一周路線の西側部分で1925年全通。主な経由地は袖ヶ浦,木更津,館山。旧称房総西線を1972年に改称。
→関連項目外房線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うちぼうせん【内房線】

外房線蘇我駅を起点に,房総半島の東京湾沿いを南下,外房線安房鴨川駅に至る119.4kmのJR東日本の営業線。おもな経由地は市原市,木更津市,館山市である。1912年蘇我~姉ヶ崎間(木更津線)が開通,25年安房鴨川までが全通,北条線と称された。29年房総線(現,外房線)安房鴨川~上総興津間開通により房総半島一周の線となり,全線を通して房総線と称された。その後33年に安房鴨川を分岐駅として,東京湾側を房総西線,太平洋側を房総東線と改称,さらに72年それぞれ内房線,外房線と改称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内房線
うちぼうせん

東日本旅客鉄道の線路名称。千葉県の蘇我(そが)―木更津(きさらづ)―安房鴨川(あわかもがわ)間119.4キロメートル、蘇我―君津間のみ複線、その他は単線、全線直流電化。房総半島東京湾岸の内房海岸沿いに走り、安房鴨川で外房(そとぼう)線と結んで房総半島の一周線を形成する。沿線には市原、木更津、君津、富津(ふっつ)、館山(たてやま)、鴨川などの都市があり、京葉(けいよう)工業地域を縦貫している。沿線の都市化によって、君津以北の区間では通勤輸送の需要が高く、また、夏季には南房総国定公園などに含まれる観光地への輸送で混雑する。列車は総武(そうぶ)本線、京葉線に乗り入れて千葉、東京方面に直通運転されるものも多い。当初は木更津線の名称で蘇我―安房北条(ほうじょう)(現、館山)間を1912~1919年(大正1~8)に開業、1919年北条線と改称して、安房北条―安房鴨川間を1921~1925年に開業した。1929年(昭和4)房総半島一周線の完成とともに房総線と改められたが、1933年安房鴨川を境として分割されて房総西線となり、1972年(昭和47)さらに内房線と改称された。1968~1971年に電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内房線の関連情報