コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内房線 うちぼうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内房線
うちぼうせん

房総半島基部の蘇我から木更津,館山と半島の西側を通って安房鴨川へいたる鉄道。 JR東日本。全長 119.4km。外房線とともに房総半島一周線をなす。 1912年一部開通,25年全通。列車は外房線,総武本線横須賀線に乗入れて,千葉,東京,久里浜方面に直通運転されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うちぼう‐せん〔うちバウ‐〕【内房線】

外房線蘇我(そが)から木更津(きさらづ)を経て安房鴨川(あわかもがわ)に至るJR線。木更津で久留里(くるり)線を分岐する。昭和4年(1929)全通。全長119.4キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内房線【うちぼうせん】

蘇我〜木更津〜安房(あわ)鴨川間のJR線。営業キロ119.4km。房総半島一周路線の西側部分で1925年全通。主な経由地は袖ヶ浦,木更津,館山。旧称房総西線を1972年に改称。
→関連項目外房線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うちぼうせん【内房線】

外房線蘇我駅を起点に,房総半島の東京湾沿いを南下,外房線安房鴨川駅に至る119.4kmのJR東日本の営業線。おもな経由地は市原市木更津市館山市である。1912年蘇我~姉ヶ崎間(木更津線)が開通,25年安房鴨川までが全通,北条線と称された。29年房総線(現,外房線)安房鴨川~上総興津間開通により房総半島一周の線となり,全線を通して房総線と称された。その後33年に安房鴨川を分岐駅として,東京湾側を房総西線,太平洋側を房総東線と改称,さらに72年それぞれ内房線,外房線と改称された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内房線
うちぼうせん

東日本旅客鉄道の線路名称。千葉県の蘇我(そが)―木更津(きさらづ)―安房鴨川(あわかもがわ)間119.4キロメートル、蘇我―君津間のみ複線、その他は単線、全線直流電化。房総半島東京湾岸の内房海岸沿いに走り、安房鴨川で外房(そとぼう)線と結んで房総半島の一周線を形成する。沿線には市原、木更津、君津、富津(ふっつ)、館山(たてやま)、鴨川などの都市があり、京葉(けいよう)工業地域を縦貫している。沿線の都市化によって、君津以北の区間では通勤輸送の需要が高く、また、夏季には南房総国定公園などに含まれる観光地への輸送で混雑する。列車は総武(そうぶ)本線、京葉線に乗り入れて千葉、東京方面に直通運転されるものも多い。当初は木更津線の名称で蘇我―安房北条(ほうじょう)(現、館山)間を1912~1919年(大正1~8)に開業、1919年北条線と改称して、安房北条―安房鴨川間を1921~1925年に開業した。1929年(昭和4)房総半島一周線の完成とともに房総線と改められたが、1933年安房鴨川を境として分割されて房総西線となり、1972年(昭和47)さらに内房線と改称された。1968~1971年に電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内房線の関連キーワード洲崎(千葉県)上総国分尼寺跡東日本旅客鉄道袖ヶ浦[市]南房総(市)上総国分寺跡市原[市]千葉[市]弁天山古墳内裏塚古墳中央[区]千葉(市)鋸南[町]館山[市]千倉[町]富浦[町]和田[町]さざなみ南房総市小湊鐵道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内房線の関連情報