南房総国定公園(読み)みなみぼうそうこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南房総国定公園
みなみぼうそうこくていこうえん

千葉県房総半島南半の海岸を中心にした国定公園。面積 56.9km2。1958年指定。1965年館山地区を追加指定。東京湾湾口の富津岬から太平洋岸の太東崎までの全長約 190kmの海岸線,特に太平洋岸の海食崖の多い海岸美が対象。房総半島は断層地形を伴う比較的低い丘陵地帯で,地質は大部分が新第三紀層からなる。内房(東京湾岸側)は砂浜の多い穏やかな風景であるが,外房(太平洋岸側)は海食崖が多く豪壮である。鹿野山は標高 379mにすぎないが,谷は九十九谷といわれるほど複雑である。鋸山には房州石の石切場が多く,展望のよいハイキングコースがある。清澄山には清澄寺,東京大学の演習林があり,森林が美しい。源頼朝ゆかりの仁右衛門島白浜海岸,鯛ノ浦おせんころがしなどの名勝,日蓮上人ゆかりの誕生寺船形の崖ノ観音,那古の那古観音などの名所がある。早くから海水浴場が開設され,東京方面から避暑,避寒に訪れる人が多い。館山市に休暇村があるほか,南房総市,勝浦市,鴨川市などにも観光施設が急速に増加,道路も整備され,京浜地方の保養地となった。海域は勝浦海域公園地区に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

南房総国定公園【みなみぼうそうこくていこうえん】

千葉県房総半島南部の海岸地域を占める国定公園。面積56.85km2。1958年指定。西側は東京湾に突出する富津(ふっつ)岬から南端の野島崎までで,鹿野(かのう)山鋸(のこぎり)山や,保田富浦,館山の海水浴場,洲崎(すのさき)や平砂浦を含み,東は野島崎から太東崎までで,千倉太海(ふとみ),おせんころがし,勝浦,御宿の岩石海岸,鯛ノ浦清澄山を含む。気候温暖で,南方植物や温帯植物が生息し,各地で花卉(かき)栽培が盛ん。沿岸に外房・内房両線が通じ,京浜の行楽地になっている。
→関連項目天津小湊[町]内房大原[町]勝浦[市]鴨川[市]鋸南[町]白浜[町]外房館山[市]千倉[町]千葉[県]富浦[町]富山[町]富津[市]房総半島岬[町]和田[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みなみぼうそうこくていこうえん【南房総国定公園】

房総半島南半の海岸景勝地や名山(鋸山・鹿野山・清澄山)からなる国定公園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕南房総国定公園(みなみぼうそうこくていこうえん)


千葉県、房総半島南部の国定公園。おもに太平洋と東京湾に臨む海岸からなり、鹿野(かのう)山・清澄(きよすみ)山・鋸(のこぎり)山などを含む。陸域面積5690ha、海中公園1ヵ所14.5ha。1958年(昭和33)指定。外房(そとぼう)海岸は海食崖(かいしょくがい)や磯浜の海岸景観に優れる。内房(うちぼう)海岸は海水浴場で知られる。清澄(せいちょう)寺・誕生(たんじょう)寺など社寺・史跡も多い。特別天然記念物の鯛ノ(たいの)浦タイ生息地、鹿野山の九十九谷(くじゅうくたに)、鴨川(かもがわ)シーワールドなど名所・行楽地も多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南房総国定公園
みなみぼうそうこくていこうえん

千葉県、房総半島南部の海岸線を中心とした国定公園。富津(ふっつ)岬から鋸南(きょなん)、富山(とみやま)、富浦(とみうら)、館山(たてやま)の内房(うちぼう)海岸を経て最南端の南房総市野島(のじま)崎に達し、さらに鴨川(かもがわ)、天津小湊(あまつこみなと)、勝浦、御宿(おんじゅく)などの外房(そとぼう)海岸からいすみ市の太東(たいとう)崎付近に至る190キロメートル、これに鹿野(かのう)山、鋸(のこぎり)山、清澄(きよすみ)山などの寺や森林を要素とした地域が加わる。面積56.90平方キロメートル。1958年(昭和33)指定、1965年館山地区を追加。変化に富んだ海岸線が景観構成の核をなしている。富津岬は要塞(ようさい)地帯であったが、第二次世界大戦後に開放され富津公園の整備が進み、潮干狩、簀立(すだ)て、海水浴など格好のレクリエーション基地へと変貌(へんぼう)した。鹿野山は九十九谷(くじゅうくたに)の景観や神野(じんや)寺、マザー牧場、ゴルフ場、国民宿舎などを有し、鋸山もロープウェーが通じ、日本(にほん)寺の大仏、千五百羅漢、地獄のぞきなどの観光対象に恵まれている。鋸南町から館山に至る保田(ほた)、勝山、岩井、富浦、北条(ほうじょう)の内房の砂浜海岸は、昭和初期から知られた海水浴場で、夏季のみ営業する貸家・貸間や通年化した民宿も多い。洲崎(すのさき)から白浜、千倉(ちくら)、鴨川に至る外房海岸は、ナノハナ、キンセンカ、カーネーション、ストックなどの花畑が続き、磯浜(いそはま)では海女(あま)の潜水漁業もみられる。野島崎や鴨川の東条海岸、勝浦、御宿にはホテル・旅館が集中し、宿泊基地となっている。南房総市白浜以東には太海(ふとみ)フラワーセンターや海の生態博物館鴨川シーワールドなど観光施設が開設され、特別天然記念物の「鯛の浦(たいのうら)タイ生息地」、日蓮(にちれん)ゆかりの誕生寺や清澄(きよすみ)寺、鵜原(うばら)理想郷、勝浦海域公園など観光資源が連続し、入り江には多くの海水浴場があり、民宿地域が各地に形成されている。南房総国定公園区域は、風土性豊かな景観を味わうことができ、四季を通じて観光客が訪れる。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みなみぼうそう‐こくていこうえん みなみバウソウコクテイコウヱン【南房総国定公園】

千葉県の房総半島南部海岸を主とする国定公園。東京湾岸の富津(ふっつ)岬から太平洋岸の太東崎付近までと鹿野山(かのうざん)・鋸山・清澄山を含む。昭和三三年(一九五八)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の南房総国定公園の言及

【内房】より

…湾の奥には白砂浜があり,波が静かで,遠く富士・箱根連山を望む。内房海岸は南房総国定公園に指定され,東京湾における最良の海水浴場となり,民宿が多い。JR内房線が海岸を走り,湾奥には富津市富津,鋸南町保田,富山町岩井など小漁港をもつ小都市があるが,富津市北部は工業化が進んでいる。…

※「南房総国定公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南房総国定公園の関連情報