コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋼片 こうへん

3件 の用語解説(鋼片の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こうへん【鋼片】

製鉄で、圧延などのためインゴットを適当な大きさ・形状に分けたもの。 → スラブブルームビレット

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鋼片【こうへん】

鋼塊分塊圧延した半成品。これを圧延して製品とするが,厚板用のスラブ,大型条鋼用のブルーム,小型条鋼用等のビレットなどがある。溶鋼から連続的に鋼片をつくる連続鋳造法も行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鋼片
こうへん

鋼塊の断片。製鋼工場で製造された鋼塊(インゴットingot)を所要断面形状に熱間圧延し、所要の単位重量に切断する工程を分塊圧延といい、これにより得られるものを鋼片という。条鋼用大形角鋼片をブルームbloom、鋼板用大形扁平(へんぺい)鋼片をスラブslab、小形鋼片をビレットbilletと呼び分けている。鋼塊から鋼片を製造する分塊圧延の間に鋳造組織が分断、微細化され、気孔が圧着されて材質が向上する。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋼片の関連キーワードH形鋼帯鋼形鋼鋼塊鋼板リムド鋼圧延機帯鉄熱延直接圧延

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鋼片の関連情報