鋼片(読み)こうへん

日本大百科全書(ニッポニカ)「鋼片」の解説

鋼片
こうへん

鋼塊の断片。製鋼工場で製造された鋼塊(インゴットingot)を所要断面形状に熱間圧延し、所要の単位重量に切断する工程を分塊圧延といい、これにより得られるものを鋼片という。条鋼用大形角鋼片をブルームbloom、鋼板用大形扁平(へんぺい)鋼片をスラブslab、小形鋼片をビレットbilletと呼び分けている。鋼塊から鋼片を製造する分塊圧延の間に鋳造組織が分断、微細化され、気孔が圧着されて材質が向上する。

[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「鋼片」の解説

鋼片【こうへん】

鋼塊を分塊圧延した半成品。これを圧延して製品とするが,厚板用のスラブ,大型条鋼用のブルーム,小型条鋼用等のビレットなどがある。溶鋼から連続的に鋼片をつくる連続鋳造法も行われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android