コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋼片 こうへん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鋼片
こうへん

鋼塊の断片。製鋼工場で製造された鋼塊(インゴットingot)を所要断面形状に熱間圧延し、所要の単位重量に切断する工程を分塊圧延といい、これにより得られるものを鋼片という。条鋼用大形角鋼片をブルームbloom、鋼板用大形扁平(へんぺい)鋼片をスラブslab、小形鋼片をビレットbilletと呼び分けている。鋼塊から鋼片を製造する分塊圧延の間に鋳造組織が分断、微細化され、気孔が圧着されて材質が向上する。[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鋼片の関連キーワードすきま(隙間)ゲージシームレス鋼管ブロックゲージ高周波焼入れクラッシャーオルゴール隙間ゲージ連続鋳造法分塊圧延機圧延鋼材磁鋼片H形鋼鉄鋼須藤鋼管棒鋼形鋼鍛造線材

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android