コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分塊圧延 ぶんかいあつえんblooming

翻訳|blooming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分塊圧延
ぶんかいあつえん
blooming

溶融金属や合金を鋳造した鋳塊は,そのまま板,形材,棒,線材,管などを製造するには大きすぎるため,寸法の小さいスラブ,ビレット,ブルームといった中間製品が必要となる。そのための圧延工程を分塊圧延という。断面の大きい素材に大きな圧下を与える必要があるため,使用する圧延機は 1m以上の大径のロールを備えた2段圧延機が多い。ビレットやブルームを圧延するためにはロールに溝を刻んだ孔型圧延機や四方から圧下する機能を備えたユニバーサル圧延機が使用される。しかし,スラブ,ビレットやブルームを溶鋼から直接連続的に鋳造する連続鋳造技術が普及したので,分塊圧延は現在ほとんど姿を消している。 (→圧延 , 金属の塑性加工 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の分塊圧延の言及

【圧延】より


[圧延工程]
 金属材料は圧延によって,板,棒,線,形材,管などに加工されるが,その際に材料を加熱した状態で行う熱間圧延hot rollingと,加熱しないで行う冷間圧延cold rollingとがある。熱間圧延は大きな変形が可能であり,インゴットを分塊圧延したり,板材,形材の圧延に適しているが,仕上げ面が酸化される欠点がある。冷間圧延は小さな変形しかできないが,表面状態が良い加工ができるので,製品の仕上げに利用されることが多い。…

※「分塊圧延」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分塊圧延の関連キーワードストリップミル塑性加工均熱炉H形鋼鋼片

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android