コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦部河内 にしごりの かわち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦部河内 にしごりの-かわち

?-? 奈良時代の女官。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)女嬬(にょじゅ)から内侍(ないし)となる。命婦(みょうぶ)として聖武天皇後宮出仕,孝謙天皇の奉写執経にもたずさわる。道鏡が実権を掌握していたころ官位をうばわれたらしいが,宝亀(ほうき)2年もとの従五位上にもどった。姓は「にしごりべ」ともよむ。名は川内,河内売とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

錦部河内の関連キーワード奈良時代天平勝宝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android