コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錯落 サクラク

デジタル大辞泉の解説

さく‐らく【錯落】

[名](スル) 入りまじること。
「貧賤に生まれて境遇―し」〈佐藤春夫晶子曼陀羅
[ト・タル][文][形動タリ]入りまじるさま。
「自然石(じねんせき)の形状(かたち)乱れたるを幅一間に行儀よく並べて、―と平らかに敷き詰めたる径(こみち)に」〈漱石虞美人草

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらく【錯落】

( トタル ) [文] 形動タリ 
入りまじるさま。錯雑。 「熔巌の塊-として途に横る/即興詩人 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone