コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錯落 サクラク

デジタル大辞泉の解説

さく‐らく【錯落】

[名](スル) 入りまじること。
「貧賤に生まれて境遇―し」〈佐藤春夫晶子曼陀羅
[ト・タル][文][形動タリ]入りまじるさま。
「自然石(じねんせき)の形状(かたち)乱れたるを幅一間に行儀よく並べて、―と平らかに敷き詰めたる径(こみち)に」〈漱石虞美人草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらく【錯落】

( トタル ) [文] 形動タリ 
入りまじるさま。錯雑。 「熔巌の塊-として途に横る/即興詩人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錯落の関連キーワード即興詩人トタル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android