コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錯落 サクラク

2件 の用語解説(錯落の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さく‐らく【錯落】

[名](スル) 入りまじること。
「貧賤に生まれて境遇―し」〈佐藤春夫晶子曼陀羅
[ト・タル][文][形動タリ]入りまじるさま。
「自然石(じねんせき)の形状(かたち)乱れたるを幅一間に行儀よく並べて、―と平らかに敷き詰めたる径(こみち)に」〈漱石虞美人草

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さくらく【錯落】

( トタル ) [文] 形動タリ 
入りまじるさま。錯雑。 「熔巌の塊-として途に横る/即興詩人 鷗外

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錯落の関連キーワード混交入り交じる・入交じる交錯混線雑糅まじりまじり入交じる飛入り貧賤富貴にして善をなし易く貧賤にして功をなし難し