鍋被(読み)なべかぶり

精選版 日本国語大辞典「鍋被」の解説

なべ‐かぶり【鍋被】

〘名〙
① 鍋を頭にかぶること。鍋祭の風習。また、鍋祭をさしていう。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「すりこ木をさすべきはづをなべかぶり」
② 江戸中期にはやった悪性の流行病の一つ。鍋を被ったように、鼻から上が黒くなるもの。
※武江年表(1848)享保一五年一一月「鍋かぶりといふ疾はやる、鼻より上黒くなる」
③ 白禿瘡頭(しらくもあたま)。〔育児読本(1931)〕
④ 鳥「ひがら(日雀)」の異名
※洒落本・通言総籬(1787)二「じゅずかけとやらなべかぶりとやらじゃおっせんかへ」

なべ‐かずき ‥かづき【鍋被】

〘名〙
※雑俳・旅すずり(1744)「鍋かづき様に黒吉祈る嚊」
② 鳥「ひがら(日雀)」の異名。〔喚子鳥(1710)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android